傘寿のお祝いには何をするのか

日本には昔からお年寄り、長寿を祝う文化が根付いています。30代、40代は三十路や四十路などと呼ぶのは一般的でメジャーですが、それより上の年代を特定の呼び方で呼び、祝う習慣があります。60歳は還暦で、70歳は古稀、77歳は喜寿などがあります。

そういう長寿の一つで、傘寿は傘の略語が八十に見えることから、80歳を迎えた年齢にお祝いするのが、傘寿です。さんじゅと呼びます。今は平均寿命も昔に比べてだいぶん伸びましたので、80歳でも見た目が若い人はたくさんいますね。
傘寿のお祝いには何をすれば喜ばれるのでしょう。陰陽五行説よ呼ばれるものがあり、世の中のすべては、土、金、水、木、火のどれかに属していると考えられ、それぞれに色が分けられています。紫色は水を示し、紫色は昔から、高貴な色で、気高い色として人々に尊重され、くらいの高い人を表す色として重宝されてきました。

傘寿や古稀、喜寿を迎えた人(https://kiju77.com/)が、紫色のちゃんちゃんこを着るのは、これらの方を尊敬したりしている証拠なのです。それと共に、これらのお祝いには、紫色の贈り物をするといいとされています。
贈り物は気持ちがこもっていれば、値段ではないので、普段仕事などで忙しくてなかなかお祝いをできないかたは、こんな時こそ、家族や親類や身内が結集して、傘寿のお祝いの会をしてあげるのが最高の贈り物でしょう。そこでねぎらいの言葉をかけてあげるのも最高の贈り物ですし、パーティをして、美味しいお寿司やケーキをみんなで食べても、最高の思い出のつまった一日になるでしょう。

贈り物は、傘寿にちなんで、傘を贈るのも一つです。伝統のあるものですし、長く大切に使ってもらえる一品をプレゼントすると大変喜ばれるでしょう。その方の名前などを傘に刻印して、オリジナリティ溢れるプレゼントにすると、非常に喜ばれることでしょう。素敵な贈り物にみんなの笑顔と楽しい会合で、目上の人を尊敬するようにしましょう。

↑ PAGE TOP